多汗症治療とはどんな方法があるのか

  • 多汗症をボトックス注射で対策する

    • かく汗の量が多い多汗症は、デオドラントスプレーや汗ふきシートで小まめに処理をしないと、臭ってしまうので夏場は特に大変です。



      多汗症の症状を抑えるには、汗が出る元である汗腺に働きかけて汗の分泌量を減らすことです。

      美容クリニックでシミやシワの治療に使われているものにボトックス注射がありますが、この注射を脇の下にすることで汗の分泌量を抑制することができます。

      ボトックス注射はタンパク質の一種である成分を体内に注入する液体として使用し、一時的に筋肉の麻痺を起こして汗腺から汗が分泌しないように働きかけます。
      ボトックスを体内に注入すると汗の分泌を抑制できるので、気になる汗の臭いもしなくなります。


      体内に異物を注入することに抵抗がある方もいるかもしれませんが、美容クリニックの治療に使われるボトックスは品質が認められている医療用の物です。人体に使用しても副作用がないことが実証されていますので、安心して多汗症の治療を受けることができます。多汗症の治療にボトックス注射を行うデメリットとしては、効果が半永久的ではないという点があります。


      ボトックスの注射は注入を1回すると、その効果が続くのは3ヶ月から6ヶ月程度です。


      汗をかかないようにするためには、年間に2〜3回は注射を受けなくてはなりません。



      美容クリニックでボトックス注射の治療を受ける際には費用を抑えるために、1年に複数回の治療を受けられるフリープランのコースがあるクリニックで行うことをおすすすめします。