多汗症治療とはどんな方法があるのか

  • 多汗症治療には症状や程度によって治療法が異なります

    • 汗には種類があり、体温を調節するための汗は体温が下がると自然にとまりますが、発汗をコントロールする交感神経に異常が生じ、過剰に汗が分泌されてとまらない状態が多汗症です。多汗症は後天的な原因もあり、肥満、不安や緊張、ストレス、食生活の乱れ、喫煙、ホルモンバランスの乱れ、更年期障害、自律神経失調症などが考えられます。



      遺伝に夜場合もありますが、後天的に起こることもあるのです。


      多汗症は多汗症治療で治る病気でもあります。多汗症治療には症状や程度により種類がありますが、症状がひどい場合には手術をする場合もあります。
      多汗症治療で多く用いられる方法に水を入れた容器に直接電流を流して、手や足をその中に入れる電気治療です。

      2週間連続して治療を行なうと殆ど多汗症を抑えることができますが、治療を中断するとぶり返すことがあります。



      皮膚科で治療が可能です。
      一番手軽な多汗症治療は塗り薬を用いる方法です。塗り薬を使い汗腺に蓋をする治療方法で、継続的に使用すると多汗症を抑える効果が期待できます。


      汗腺に蓋をしているだけなので根本的な解決ではありませんが、一時的に多汗症を抑えることができるため、気軽に試すことができます。



      他にはボトックス注射、超音波手術などいくつか症状により治療法があります。多汗症になる原因にはいくつかあり、ストレスなどで交感神経が緊張して多汗症の症状がでる場合には手術や薬ではなく心理療法も効果的です。多汗症治療をする場合には、症状によって治療法が異なるため、医師に相談して適した治療を行なうことが良い方法でもあります。