多汗症治療とはどんな方法があるのか

  • ボトックス注射は表情ジワに効果的です

    • ボトックスはボツリヌス菌というタンパク質の一種から作られた薬で、厚生省に認可されている医薬品です。
      もともとは顔面痙攣の治療に使われる薬です。
      ボトックス注射は部分的に筋肉の動きを麻痺させる力があり、表情の変化によってできるシワを軽減することができます。笑うとできる目じりのシワや怒るとできる眉間のシワ、驚いた時のおでこのシワなどは表情ジワです。
      ボトックス注射を直接打つことで表情筋が収縮しシワを解消します。
      ボトックスはシワだけでなく小顔効果もあります。エラが張っていて顔が大きく見える場合、エラ骨上のほっぺたに注射をし、エラの筋肉を痩せさせることで小顔になります。


      体ではふくらはぎに効果的で、運動などで発達した筋肉を細くします。



      また、ボトックス注射は多汗症にも効果があります。


      両ワキに注射することでワキの汗の原因であるアポクリン腺を麻痺させ汗を抑えます。

      ボトックス注射には向かないシワもあります。


      法令線やマリオネットラインは表情ジワではなく固定ジワなので向いていません。固定ジワはヒアルロン酸注射などがよく、シワのタイプによって使い分けをします。

      ボトックス注射は手術の必要が無く日帰りで施術できます。



      処置の時間は約10分程度でとても手軽です。



      施術した後は痛みや腫れもほとんどなくすぐにメイクをして帰ることができ、人に知られることもありません。


      効果が出るのは3、4日後で、個人差はありますが数か月から半年くらい持続します。


      効果を持続させるには継続して治療を受けます。