多汗症治療とはどんな方法があるのか

多汗症治療とはどんな方法があるのか

私達、人間は汗をかくことで、体温調整をしています。
体温が上がると汗が出て、汗の気化熱で体温を下げています。

しかし、普通に生活をしていても必要以上に汗が出てしまい、皮膚の表面が汗で濡れてしまう状態を多汗症と言います。多汗症の症状は、少し汗ばむ程度から、滴り落ちる位の汗をかくものから様々です。

全身性多汗症は、全身に多量の汗をかく症状で、更年期障害やホルモンバランスの乱れが原因とされています。
局所性多汗症は、最も、この症状で悩んでいる人が多く、脇の下や手のひら、足の裏など一部だけに多量の汗をかきます。



こちらは、自律神経の乱れや精神的ストレスが原因になるケースがあります。

他にも、肥満や食生活の乱れ、喫煙、遺伝や体質などからも多汗症になる場合があります。多汗症治療としては、軽度なら飲み薬や、塗り薬で抑えることができます。



ひどい場合ですと、手術が必要になります。



殆どの場合、手術をすれば治るのですが、高い確率で副作用が現れると言われています。


なので、手術に抵抗がある人は、ボトックス注射による多汗症治療も効果的です。
よく用いられている多汗症治療は、直流電流を流した水の中に、手や足を入れて行う電気治療です。
副作用もなく、効果はありますが、継続して治療を行わないとまた症状が現れてしまいます。
他にも、漢方薬を使った治療法もあります。多汗症が原因で、体質を変えたい人や、精神状態の改善をしたい方に効果的です。


多汗症治療は、症状の軽重度や原因によって様々な治療法があります。
多汗症かもしれないと感じたら、悩む前に、まず皮膚科に相談してみましょう。

  • 対策方法

    • 汗には種類があり、体温を調節するための汗は体温が下がると自然にとまりますが、発汗をコントロールする交感神経に異常が生じ、過剰に汗が分泌されてとまらない状態が多汗症です。多汗症は後天的な原因もあり、肥満、不安や緊張、ストレス、食生活の乱れ、喫煙、ホルモンバランスの乱れ、更年期障害、自律神経失調症などが考えられます。...

      detail
  • 専門知識

    • かく汗の量が多い多汗症は、デオドラントスプレーや汗ふきシートで小まめに処理をしないと、臭ってしまうので夏場は特に大変です。多汗症の症状を抑えるには、汗が出る元である汗腺に働きかけて汗の分泌量を減らすことです。...

      detail
  • 詳しく知りたいなら

    • ボトックスはボツリヌス菌というタンパク質の一種から作られた薬で、厚生省に認可されている医薬品です。もともとは顔面痙攣の治療に使われる薬です。...

      detail
  • 美容をよく学ぶ

    • 自分の顔に100%満足している人というのは少ないものです。ですが、そこそこ自信が持てる顔であれば美容整形も考えないでしょう。...

      detail